ミニマルな時間術

【家事】主婦の「時間がない!」をなくすヒント

こんにちは。アラカン主婦の霜月です。

主婦の方に質問です。
あなたは忙しいですか?
何もしないうちに、一日が終わってしまったと感じることはありませんか?

私は仕事をしていた頃、専業主婦になったら、どれだけゆったりと暮らせるだろうと思っていました。念願かなって約10年前に専業主婦になりましたが、のんびりする暇はありませんでした。

そして、昨年からは母の介護が始まったことで、本気で忙しくなりました。それでも何とか家のことを回しながら、遠距離介護をしています。自分のペースで家事ができなくなった時に、今までの家事へ考え方を変えたのです。

毎日が追われているみたいで、焦ってばかり
もっと自分の時間が欲しい!

仕事を持っている主婦の方はもちろんですが、私のようなシニア主婦は、親の介護や孫の世話などで、忙しい方も多いと思います。

今回は、忙しい主婦の方のための時短の工夫について書いてみました。

やるべきこと=タスクの「見える化」

メモを取る女性の画像

まずは、やらなければならないこと、やりたいことを、全部紙に書き出してみましょう。

とりあえず思いついたことを全部書いてから、やらなければならないことと、やりたいことに分け、やらなければならないことは緊急度・重要度の高い順に、やりたいことは優先度の高い順に書き直します。

1日のうちで、必ずやらなければならないこと=タスクの「見える化」です。できれば、所用時間も書いてみるといいと思います。

そうすれば、必ずやらなければならないことは、それほど多くないと分かると思います。

そして、緊急度の高いタスクからどんどん片づけて行くのです。書いてある順番にやっていくので、次になにをしようか考える必要はありません。ただ仕事を片づけるだけです。

たとえ、全部のことが出来なくても、緊急で重要なことが片付いていれば、安心できます。残ったタスクは、また後日やればいいと割り切ります。

たとえば、ゴミ出しは必ずやらなくてはなりませんが、窓ふきなどの家事は、やった方がいいけれど、あえてその日にやらなくてもいい家事です。

私は、朝起きて、このto-doリストを作ってから行動することで、焦る気持ちがかなり軽減されました。

時間を決める

時計の画像

主婦の仕事には際限がありません。やろうと思えばいくらでも仕事が出てきます。でも、それらを全部片づけていたら、時間がいくらあっても足りません。

家事はダラダラ続けず、何時までと時間を区切ってやった方がいいと思います。その方が締切効果で、能率が上がります。

できれば、曜日ごと家事のローテーションを決めておき、それに沿ってやれば、家事の抜けや汚れが溜まることもなくなります。

片づけも、時間を決めてやった方が集中できます。5分間と時間を決めて、キッチン引出の中の整理や、不用品を処分するのもいいですね。飽きるまでやらずに、もう少しやりたいところで止めるくらいがいいです。

先手仕事をする

野菜を洗う主婦の画像

「先手仕事」という考え方をご存じでしょうか?

たとえば、朝食の準備の時に夕食の下ごしらえをするとか、買い物から帰ってきて、野菜を洗ったりなどの下準備をしておくことです。

私がよくやるのは、息子のお弁当作りの時に夫と私の分の昼食のおかずを作ったり、夕食準備の時に、翌朝のお弁当の下準備をすることです。

魚の切り身で味噌漬けを作れば、翌朝はほどよく味が染みていて焼くだけですし、キュウリの塩もみを作っておけば、カニカマやわかめと和えて副菜になります。夜にホウレンソウのお浸しを作ったら、残りは塩コショウしてソテーしておきます。そうすれば、あとは卵焼きとウインナーでもあれば、すぐにお弁当が出来上がります。

買い物から帰ってきて、冷蔵庫にしまう前に、泥付きの野菜を洗っておいたり、玉ねぎの皮をむいておいたり、とり肉なら切って小分けにして冷凍したりなど、すぐに調理に取り掛かれるようにすると、忙しい夕方に助かります。

先手仕事は、手間の貯金のようなもので、後の自分をラクにしてくれます。

まとめて家事をする

食品スーパーの売り場の画像

家事をまとめてやることで、時短になることもあります。

買い物は意外と時間を取る家事です。毎日行かずに3日に1回にすると、かなりの時間の節約になります。その時は、買い物リストを作っていくことを忘れずに。

ネットスーパーもいいと思います。私も時々利用しますが、ちょっと品数が少ないなと思うことがありますので、実店舗での買い物と半々です。

お料理も、同じ手間ならまとめて作っておけば、後でラクできます。

私は、豚のブロック肉がセールの時は、4つくらいまとめて買って豚肉の紅茶煮を作ります。薄味の煮豚のような味付けなので、そのまま食べるだけでなく、サンドイッチの具にしたり、サラダに入れたり、チャーハンに入れたり、色々に使えて助かります。

また、ニンニクやしょうがはみじん切りにして、ラップに挟んで薄い板状にして冷凍しておくと、使う分だけ折って使えるので、とても便利です。我が家はフードプロセッサーがあるので、それで作っています。

万能ねぎを刻んだものと、油抜きした油揚げを短冊切りにしたものは、常に冷凍庫に入れています。お味噌汁を作る時にとても便利です。

ただし、掃除だけは、まとめてやると汚れがこびりついてかえって手間なので、まめにやるようにしています。

豚肉の紅茶煮(紅茶豚)のレシピ

  • 豚肩ロース500g・2個
  • ティーバッグ・2袋
  • 醤油・カップ1
  • 酒・カップ1/2
  • みりん・カップ1/2
  • 酢・カップ1/4
  1.  調味料は全部合わせておく。
  2. 豚肉をブロックのまま、ティーバッグを入れた湯で煮て中まで火を通す。
  3. 合わせた調味料をひと煮立ちさせたところに、茹で上げた熱い豚を漬けてひと晩おく。

つけ汁は、塩コショウやオイルなどを足してタレやドレッシングに使える。

(婦人之友社「魔法使いの台所」より)


▲この本には、本当にお世話になりました。

すきま時間を利用する

たくさんの時計の画像

ちょっとしたすきま時間にも、できることはあります。

  • 洗面所の鏡を拭く。
  • 玄関の靴を整える。
  • テーブルの上を片づける。
  • キッチンのシンクを洗う。
  • 冷蔵庫の扉を拭く。
  • 広告紙を折ってゴミ袋を作る。
  • 献立を考える。

などなど。

短時間でできることのリストを自分で作っておくと、意外にたくさんのことができると分かります。

定期購入を利用する

アマゾンのマスコットの画像

日用品や消耗品で必ず使うものは、アマゾンの定期購入もおすすめです。

私は、洗剤類、豆乳、カフェインレスコーヒーなどを定期購入しています。配送頻度も指定できますし、だぶついたらお休みできますし、とても便利です。

買い物に行かずにすむ、重いものやかさばるものを持たずに済むというのも、助かります。なくなりそうになって、慌てて買いにいくこともないので、気楽です。何よりその「モノ」のことを考えずに過ごせるというのが一番です。

スーパーやドラッグストアの店舗に行くと、つい余計なものを買ってしまいがちなので、アマゾンの定期購入はとても助かっています。

できないことや苦手なことは、頑張らない

お掃除ロボットの画像

何でも自分でこなそうとすると、パンクしてしまいます。時には手を抜いたり、人に頼ったりすることも大切です。

私の場合、苦手なお掃除は、ルンバとマキタのコードレス掃除機の導入で、敷居が低くなりましたし、換気扇やエアコンの掃除はプロにまかせています。ちょっとお金はかかりますが、びっくりするほど綺麗にしてくれます。

洗濯もドラム式の全自動洗濯機のおかげで、雨の日に洗濯物が乾かないというストレスから解放されました。

お料理は好きな方ですが、母の介護で疲れた時はお惣菜に頼ります。特にデパ地下のお惣菜は、自分がふだん作らないようなものや、意外な素材の組み合わせも多いので、お料理のヒントにもなります。

昔は何でも自分でやらないとダメだと思っていた私でしたが、ストレスをためて体調を壊すよりは、お金で解決できるものは、人に頼ってもいいと割り切って以来、気持ちがラクになりました。

掃除の苦手な主婦が、キレイを保つ方法こんにちは。ミニマリストを目指して、ただいまお片付け中の霜月です。 今日のお題は、ずばり「掃除へのハードルを下げる」です。 ...

まとめ:ほどほど家事で笑顔に

砂時計の画像

以前の私は、主婦たるものは家事をきちんとこなさなければと思っていました。

ていねいな生活に憧れて、自分の理想の生活を実現するために、家事にがんじがらめになっていた時期もありました。でも、ある時、家事をやることが人生の目的になっていることに気づいたのです。

もちろん、家事が大好きで、ていねいな生活を楽しくできる人はそれでいいと思いますが、私は家事よりも、もっとやりたいことがありました。母の介護が始まると、それこそ自分の時間などなくなってしまいました。

手抜きはしたくないけれど、自分の時間も欲しい。我儘ですよね。

私は、家事の中で、得意なお料理や片づけはそこそこ頑張り、苦手なお掃除は自分の中の最低限のラインでやることにしました。モノを減らしたことで、お掃除は格段にラクになりました。

私のような専業主婦の場合、家事をきちんとこなさないと、主婦失格なのではと思いがちですが、母の介護を始めてから、介護と同じように、家事もほどほどでいいんじゃないかなと思うようになりました。

毎日手抜き家事では家族もかわいそうだし、自分自身も自己嫌悪に陥ってしまいます。反対に完璧にやろうとすると、身体もメンタルも持ちません。

手を抜かずにやることと何かに頼ることのメリハリをつければ、キチンとできたという気分になれます。ほどほど家事です。

そうすれば、自分の時間もできるし、ストレスをためずに笑顔でいることができると思うこの頃です。

今回の記事は参考になりましたでしょうか?

お読みいただき、ありがとうございます。アラカン主婦の霜月でした。

ランキングに参加しています。ポチっとして頂くと更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です