ミニマリストの持ちもの

【神家電】シニア・ミニマリストが買ってよかったもの4つ【おすすめ】

こんにちは。アラカン主婦の霜月です。

ミニマリストは、ものをなるべく持たない生活をしています。そういうライフスタイルの人が、何を大切にしているのかがわかるのが、“持ち物”です。

「わかるわかる」と共感したり、意外に思ったり。他のミニマリストさんの持ちものは、とても興味深く参考になります。

私が今大切にしているのは、「時間」と「健康」です。

元気に過ごせるのはあと10年か20年。残り少ない人生を悔いなく過ごすのが一番のテーマです。シニア世代の大部分は、そう感じているのではないでしょうか。

今回は、時間と手間の節約になった我が家の神家電をご紹介いたします。

4位:ドラム式洗濯機

4位はドラム式洗濯機です。6年ほど前に、縦型の全自動洗濯機から買い換えました。

ドラム式にしたのは、もちろん乾燥機能がついているからです。私は洗濯物の生乾き臭が苦手で(お好きな方はいないでしょうけれど)、次に買い換える時は絶対にドラム式と決めていました。

ドラム式の方が、水を節約できるし、布地も痛まないということもありました。我が家はパナソニックのドラム式洗濯機を使っています。

ドラム式にしてから、部屋干し臭から解放されたし、お天気に関係なく毎日お洗濯ができるので、本当にストレスがなくなりました。

ただデメリットもあります。ドラム式のデメリットとしては、まず値段が高いこと、そして乾燥機でカラカラに乾かしてしまうと、シワになってしまったり、縮んでしまうことがあることです。コインランドリーと同じですね。

私は、7割ぐらいの乾燥で、あとは外に干したり、雨の日は浴室に干したりしています。これだとシワにならないし、短時間で渇くので臭くなりません。タオル類は完全に乾燥させても大丈夫です。

お子さんの体操着や部活のユニフォームなど、天気に関わらず必ず洗濯物が出るお宅には本当におすすめです。

3位:食器洗い乾燥機

3位は食器洗い乾燥機です。

お掃除と共に、私が苦手な家事が食器洗いです。専業主婦のくせにどこまで手抜きなのかという呆れ声が聞こえてきそうですね。すみません。

お料理を作るのはけっこう好きなのですが、片づけがねー。分かってはいます。片づけを含めて全部がお料理なのだと。

でも、食器洗いが好きな主婦っていますか? 主婦でなくとも、食器洗いが好きな人っているんですか? 私は今まで一度もお目にかかったことがありません。洗濯が好きっていう人はいますけれど(←私の母)。

私の夫はもうすぐ70代なのですが、ワンプレートが嫌いです。バリバリ昭和の男です。大正生まれの義母に大事に育てられた跡取り息子です。

結婚したばかりの頃、夫の実家に行くと、一人あたりのお皿の数のハンパないことに驚いたものです。小鉢とか小皿類がたくさんありました。

当時は私も素直だったので、夫の家にならって夕食の膳にお皿をたくさん並べるようになりました。さすがに、ミニマリズムに目覚めてからは、お皿もずいぶん減らしましたが。

そんなわけで、少人数の家族にしては、洗い物が多いのです。ずっと手洗いしていましたが、10年ほど前にキッチンをリフォームした時に、ついに憧れの食洗機を導入しました。

もうね、今や食洗機のない生活なんて考えられません。本当に助かっています。たまに食洗機があるにも関わらず、食器の収納場所になってしまっているお宅を見かけますが、本当にもったいないです。

もちろん、金彩が施された食器やクリスタルのグラスなど、食洗機では洗えない食器もありますが、食洗機が使えないものは少しずつ手放しています。

将来、未亡人になって、一人暮らしになったら、食洗機もいらないかなとは思いますが、今のところ毎日稼働中です。

2位:ルンバ

2位は、お掃除ロボットのルンバです。

ルンバは、買うまでにかなり長いこと悩みました。ちょうどキャニスター式の掃除機が壊れてしまったこともあり、当時持っていたマキタのコードレスクリーナーひとつで行くかどうか悩みました。

ただ我が家は4LDKの2階建てで、そこそこの広さがあるため、マキタだけでは大変かなと思い、結局2013年にルンバを買いました。

お掃除ロボットに興味があったというのもありましたが、結果的に大正解でした。

ルンバは、本当に丁寧に手を抜くことなくお掃除してくれます。初めてリビングを走らせたときは、その丁寧さに驚き、感激しました。

私が掃除するよりもずっときれいにしてくれるので、ルンバがお掃除してくれている時間、私は、トイレや洗面所、玄関などをお掃除することができます。掃除にかかる時間が半減しました。

5年経ってバッテリーの持ちが悪くなってきたので、1度バッテリーを交換しましたが、変わらず丁寧にお掃除してくれます。(バッテリーの寿命は4年)

次にバッテリー交換の時期が来たら、新しい機種に買い換えようかなと思っています。

▲現在のスタンダードモデルはこちらのようです。私が買った頃は4万円以上しました。安くなりましたね。

▲上位モデル。ダスト容器を水洗いできるのが凄い! 今度買うならこちらかな。

ちなみに、私が使っているルンバは、ダスト容器は水洗いできません。しかも、ルンバの取説のお手入れ方法には、掃除機で吸い込むようにと書いてありました(汗)。

「いやいや、掃除機の代わりにルンバを買ったんだけど?」と盛大に突っ込んだのは言うまでもありません。我が家にはマキタのコードレスクリーナーがあるので、マキタでお手入れしていますが、ルンバ1台でお掃除しようとする人はどうするんでしょうか。

その点、水洗いOKの上位機種なら、掃除機もいらなさそうですね。

確かにキャニスター式の掃除機に比べると値段は高いですが、時間と手間を買うと思えば、決して高い買い物ではないと思います。

1位:マキタのコードレス掃除機

私は掃除が苦手です。でも汚部屋はイヤ、散らかっているのもイヤというわがまま者です。

別にものすごくキレイでピカピカの家でなくても良いのですが、虫系が大の苦手なので、清潔に保つよう、努力しています。

私みたいな面倒くさがりな人は、とにかく汚れを溜めたら絶対にダメ。なのでマメにお掃除する必要があります。

そんな私の強い味方がマキタのコードレス掃除機です。2012年にアマゾンで買いました。

▲これを買いました。

アマゾンのベストセラーNo.1なんですね。びっくりです。レビューが4800以上もついていました。お値段も、私が買った時より2000円以上安くなっていました。

この製品はマキタのコードレス掃除機の中でも、上位機種です。紙パック式で、1回の充電で40分使えます。付属でバッテリーの充電器もついています。

使用歴8年ですが、本当に買ってよかったです。いつでも気軽にお掃除できるし、お掃除へのハードルが格段に下がりました。

8年間、故障も一度もないし、吸引力もまったく落ちません。吸引力が落ちないってすごくないですか? さすが新幹線内の清掃など、業務用に使われているだけあるなと思いました。

重さも他のスティックタイプの掃除機に比べて軽いので、シニアにはぴったりです。

私はあとから、サイクロンアタッチメントを買って、紙パックを節約しています(笑)。

▲これです。

もし、今のマキタくんが壊れても、おそらくまた同じものを買うと思います。

従来のキャニスタータイプの掃除機は「さあ、掃除するぞ」という感じで決心が必要だったのですが、マキタにしてからゴミやホコリを見つけたら、すぐに掃除できるので、私のような無精者にはぴったりです。

ルンバでは届かないところも細かくお掃除できるので、ルンバと二本立てで使っています。

まとめ:家事ストレスのない生活に

食洗機の画像

時間と手間を省くための、我が家の家電を紹介してみました。

もちろん、自分の手を使って掃除や洗濯をすることを否定するわけではありません。苦手なことを、なんとか短時間でストレスなくやろうと考えた結果です。

その方が、効率よく家事がまわり、結果自分も余裕を持って生活できると思うからです。

将来、母の介護がなくなって時間ができたら、また少し変わるかもしれません。でも、その頃には、今度は夫の介護が始まるかもしれませんので、どうなるかはわかりません。

昔は、苦手な家事があることに主婦として後ろめたい気持ちがあり、何とか好きになろうと努力もしました。でも主婦を30年以上続けていても、苦手なことを好きになることはありませんでした。

それなら、得意なことを一生懸命やって、苦手なことは無理にやらなくてもいいと割り切りました。

私は食いしん坊なので、お料理やお菓子作りは好きです。掃除は苦手ですが、部屋をきれいに片づけることは好きです。

私の妹は、お掃除は大好きですが料理が苦手です。義母は、お料理もお掃除も完璧でしたが、片付けが苦手でした。主婦も人それぞれということですね。

今は、すっきりと清潔に整った家で暮らしたいという気持ちさえあれば、自分でやっても、人や機械に頼ってもいいんじゃないかなと思っています。

お読みいただき、ありがとうございます。アラカン主婦の霜月でした。

ランキングに参加しています。ポチっとして頂くと更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です